放射能検査費用一覧

放射能検査(測定)料金一覧(1検体当たり)・・すべてゲルマニウム半導体検出器での測定となります。(放射性ストロンチウムは、β線測定装置による迅速法又)

食品・飼料の検査

食品・飼料 必要サンプル量(注意:サンプル量で料金が異なります) 放射性ヨウ素・放射性セシウム(I-131,Cs-134,-137) 料金 定量下限
Bq/kg
検出下限
Bq/kg
(1)食品・農産物・畜産物・水産物および乳幼児食品
(2)飼料
2kg又は2,000ml Ge定量10Bq
Ge定量5Bq
Ge定量1Bq
2,800
5,000
8,000
10
5
1
6.7
3.3
0.7
Ge定量0.5Bq
Ge定量0.2Bq
12,000
18,000
0.5
0.2
0.3
0.1
2kg未満(最低200g以上、ただしGe定量10Bqについては500g以上) Ge定量10Bq
Ge定量5Bq
Ge定量1Bq
3,500
7,000
10,000
10
5
1
6.7
3.3
0.7
Ge定量0.5Bq
Ge定量0.2Bq
14,000
22,000
0.5
0.2
0.3
0.1
飲料水・牛乳 2,000ml Ge定量1Bq
Ge定量0.5Bq
8,000
12,000
1
0.5
0.7
0.3
Ge定量0.2Bq 18,000 0.2 0.1
2kg未満(最低200g以上) Ge定量1Bq
Ge定量0.5Bq
10,000
14,000
1
0.5
0.7
0.3
Ge定量0.2Bq 22,000 0.2 0.1
茶・干し椎茸 200g 茶葉+飲用茶/干+戻し椎茸 12,000 1〜5複合 0.7〜3.3複合
茶葉・乾燥椎茸状態 茶葉又は乾燥椎茸 7,000 5 3.3
飲用茶又は水戻し椎茸 7,000 5 3.3

所用日数:1−2日(即日報告は3,000円追加)

輸出用検査

輸出用(食品・原料) 必要サンプル量(注意:サンプル量で料金が異なります) 放射性ヨウ素・放射性セシウム(I-131,Cs-134,-137) 料金 定量下限
Bq/kg
検出下限
Bq/kg
輸出用検査(英文報告書標準・天然環境放射性物質K-40値記載) 2kg GeEx 12,000 1 0.7
10g-1kg(200g以下要相談) GeEx 15,000 1-5Bq 0.7-3Bq程度

※ 輸出用検査で日本語報告書発行も可能

所用日数:1−2日(即日報告は3,000円追加)

土壌・汚泥など環境試料の検査

環境試料 必要サンプル量(注意:サンプル量で料金が異なります) 放射性ヨウ素・放射性セシウム(I-131,Cs-134,-137) 料金 定量下限
Bq/kg
検出下限
Bq/kg
所用日数
焼却灰等廃棄物 200g以上 GeSoil 12,000 5-10 3-5Bq程度 1-2日
土壌・汚泥・コンクリート・建築資材環境試料 200g以上 GeSoil 12,000 5-10 3-5Bq程度
環境水(歌仙・プール) 2,000ml GeLq 8,000 1 0.7 1-2日(即日報告3,000円追加)
2kg(最低200g以上) GeLq 10,000 1 0.7

土壌・焼却灰は環境放射能により測定時のバックグラウンドが高くなるため、定量下限が5-10Bq程度となります。

放射性ストロンチウム測定

検査法 放射性ストロンチウム 必要サンプル量 放射性ストロンチウム 料金 検出下限
Bq/kg
固相抽出法 飲料水 1000g Sr1 35.000 0.02
環境水 200g Sr1 35,000 0.2
食品 200g Sr2 40,000 0.2-10
土壌 200g Sr3 45,000 3Bq程度
汚泥・飛灰等 200g Sr4 48,000 3Bq程度

所用日数:5−7日

料金割引
10検体以上又は期間契約10%割引(注意:Gee定量10BBq検査は、割引対象外)
定量下限
測定において標準的な設定の場合。検体中に天然由来の環境放射能(K-40等)が多量に含まれる場合、定量下限が高くなる場合があります。
定量下限については、各放射性物質(核種)毎の下限値を示す。
尚、検体中に天然の環境放射性物質が多数ある場合などは定量下限値は、設定値よりも高くなる場合がある。
定量下限と検出下限
定量値の信頼性が得られるバックグラウンド値の3倍をもって定量値と設定します(定量下限)
バックグラウンド2倍の値をもって(検出下限)と見なし、定量下限以下で検出がある婆には確認測定を実施。
ISO17025(横浜)
測定装置(Ge半導体検出器)は全てISO17025認定対象(横浜研究所)